HOME > 開花情報 > 花みごろ > 花みごろ過去一覧

花みごろ


花みごろ過去一覧

浜名湖ガーデンパークの開花情報をお届け。
まさに「今が旬!」の花をピックアップしてご紹介します。

シクンシ

7月22日撮影

甘い香りがする花は、咲き始めは白で、ピンク、赤へと変化していきます。果実は駆虫剤や整腸剤など薬用として用いられます。

【場所】
百華園(南風の庭)

ヒオウギ

7月22日撮影

葉が平安時代の貴族の持つ桧扇に似ているところから名付けられました。漆黒の色をした種は「ぬばたま」と呼ばれ、黒い物の枕詞となっています。

【場所】
百華園(常盤の庭)

ウナズキヒメフヨウ

7月22日撮影

つぼみの時は上を向いていますが、だんだん下を向いていくため、この名がつきました。花びらは開きません。

【場所】
百華園(南風の庭)

デュランタ

7月22日撮影

熱帯アメリカ原産で、初めは、観葉植物として、利用されていましたが、現在では、花つきの良い品種が作られ、夏の花として知られるようになりました。

【場所】
南主園路

サルスベリ

7月22日撮影

樹皮が剥げ落ちて猿でもすべりそうなぐらい、ツルツルのため、この名がつきました。

【場所】
国際庭園(オーストラリア東)
ほほえみの森
サイクリングロード

シコンノボタン

7月22日撮影

ユーカリの園芸品種で、種類が数多くあるユーカリの中でも、最も美しい花を咲かせる品種のひとつです。

【場所】
国際庭園(西入口)
花の美術館(花の庭)
    北主園路

ノリウツギ

7月22日撮影

幹から取れる樹液を和紙をすく際の糊材として利用していた事から、この名前がつきました。ウツギではなくアジサイの仲間です。

【場所】
国際庭園
   竹橋

ソテツ

7月22日撮影

温暖な地方の海岸などに生育する常緑の裸子植物で、日本では九州以南に自生しています。雌雄異株で、写真は雄株です。

【場所】
南主園路
国際庭園(ケニア)

次の週を見る 前の週を見る
花みごろ過去一覧
  • 園内の植物紹介
  • 花みごろ
  • 花みごろ
  • 今、見頃の花をもっと見る

●開園時間/8時30分〜17時
 ※夏期(7月・8月)〜18時

●休園日/年末年始
(12月29日〜1月3日)

●お問い合わせ/
 電話:053-488-1500
 FAX:053-488-0009

●所在地/
〒431-1207
静岡県浜松市西区村櫛町5475-1

入園無料・駐車場無料

(C) HAMANAKO GARDEN PARK All Rights Reserved.