HOME > 開花情報 > 花みごろ > 花みごろ過去一覧

花みごろ


花みごろ過去一覧

浜名湖ガーデンパークの開花情報をお届け。
まさに「今が旬!」の花をピックアップしてご紹介します。

フウリンブッソウゲ

7月28日撮影

ハイビスカスの一種で、長く伸びた雄しべが風に揺れる様が、風鈴に似ているので、この名がつきました。また、珊瑚にも似ているのでコーラルハイビスカスの英名もあります。

【場所】
花の美術館(花の庭 建物正面)

ゴジカ

7月28日撮影

ゴジカは漢字で「午時花」と書き、午の刻(午前11 時~午後1 時)に花が開き、一日で散ってしまうところからこの名が付けられました。

【場所】
花の美術館(花の庭)

ヘメロカリス

7月28日撮影

日本・中国原産のユウスゲやカンゾウを欧米で品種改良されたものを一般にヘメロカリスと呼び、一日花を次々と咲かせる、多年草です。

【場所】
花の美術館(花の庭)
国際庭園(かえで橋近く)

シュウカイドウ

7月28日撮影

ベゴニアと同じ仲間で、日本へは江戸時代に、園芸用として持ち込まれました。直射日光の当たらない、湿度の高い場所で、ひっそりと花を咲かせます。

【場所】
花の美術館(水の庭)
百華園(擬宝珠の径)

ヤマユリ

7月28日撮影

ユリの女王と呼ばれているヤマユリは、日本特産のユリで、大きな花弁と、甘くて濃厚な香りが特徴です。また、株が古いほど、たくさんの花をつけます。

【場所】
百華園(擬宝珠の径~常盤の庭)

キバナコスモス

7月28日撮影

メキシコ原産の一年草で、夏から秋にかけての長い期間、花を咲かせます。 コスモスに比べ、夏咲き性が強く、また、コスモスとは、別種で、交配できません。

【場所】
百華園(花帯の庭)
国際庭園(西入口)

ランタナ

7月28日撮影

開花後、花の色が次第に変化していくことから、「七変化( しちへんげ)」の和名を持ち、花色も白、黄、ピンク、オレンジ、紫など、とても豊富です。

【場所】
国際庭園(インドネシア)
百華園(枝の庭)
花木園

キョウチクトウ

7月28日撮影

キョウチクトウ(夾竹桃)は葉がタケに似ていること、花がモモに似ていることからこの名がつきました。経口毒性があるため、口にしないよう注意が必要です。

【場所】
国際庭園(インドネシア・ネパール)
西駐車場

次の週を見る 前の週を見る
花みごろ過去一覧
  • 園内の植物紹介
  • 花みごろ
  • 花みごろ
  • 今、見頃の花をもっと見る

●開園時間/8時30分〜17時
 ※夏期(7月・8月)〜18時

●休園日/年末年始
(12月29日〜1月3日)

●お問い合わせ/
 電話:053-488-1500
 FAX:053-488-0009

●所在地/
〒431-1207
静岡県浜松市西区村櫛町5475-1

入園無料・駐車場無料

(C) HAMANAKO GARDEN PARK All Rights Reserved.