HOME > 開花情報 > 花みごろ > 花みごろ過去一覧

花みごろ


花みごろ過去一覧

浜名湖ガーデンパークの開花情報をお届け。
まさに「今が旬!」の花をピックアップしてご紹介します。

アマルクリヌム

8月19日撮影

アマリリス・ベラドンナと、クリヌム・ムーレイとを掛け合わせて作られた属間交雑種で、8 月から10 月にかけて、花を咲かせます。

【場所】
国際庭園(西入口)

キツネノカミソリ

8月19日撮影

ヒガンバナと同じ仲間ですが、ヒガンバナは彼岸の時期に咲くのに対し、キツネノカミソリは8 月のお盆の時期に花を咲かせます。

【場所】
百華園(槿の庭)
花の美術館(花の庭)

ノシラン

8月19日撮影

ランの名前がついていますが、蘭の仲間ではなく、ユリの仲間です。花の形が熨斗に似ていることからこの名前がつきました。花期8 ~ 9 月

【場所】
百華園(擬宝珠の径)
花の美術館(水の庭)

オニバス

8月19日撮影

オニバスは、葉が直径2 メートルにも生長する、スイレン科の1年草です。花は水中で自家受粉するものがほとんどで、水上に咲く花にはほとんど種ができません。

【場所】
百華園(水面の庭)

パンパスグラス

8月19日撮影

ブラジル・アルゼンチンの平地(パンパ)が原産の、巨大なススキのような形をしたイネ科の植物で、高さが2 ~ 3 メートルにまで生長します。

百華園(竹笹の庭)
国際庭園(竹橋近く)

ゴードニア ラシアンサス

8月19日撮影

北アメリカ原産の、ツバキ科の花です。夏にナツツバキ(シャラの木)に似た花を咲かせるので、「常緑シャラ」とも呼ばれています。

【場所】
北主園路(里の家近く)

タマスダレ

8月19日撮影

ペルー原産の、球根植物で、ヒガンバナと同じ仲間です。白い花を「玉」に、葉が集まっている様子を「簾(すだれ)」にたとえ、この名前がついたようです。

【場所】
サイクリングロード

リュエリア(別名:ヤナギバルイラソウ)

8月19日撮影

メキシコ原産の常緑小低木で、4 月~ 11 月にかけて、紫色の1 日花を咲かせます。繁殖力が強く、熟した果実は弾けて、種子を遠くまで飛ばします。

【場所】
百華園(東側入り口)
ふれあい花壇

次の週を見る 前の週を見る
花みごろ過去一覧
  • 園内の植物紹介
  • 花みごろ
  • 花みごろ
  • 今、見頃の花をもっと見る

●開園時間/8時30分〜17時
 ※夏期(7月・8月)〜18時

●休園日/年末年始
(12月29日〜1月3日)

●お問い合わせ/
 電話:053-488-1500
 FAX:053-488-0009

●所在地/
〒431-1207
静岡県浜松市西区村櫛町5475-1

入園無料・駐車場無料

(C) HAMANAKO GARDEN PARK All Rights Reserved.