HOME > 開花情報 > 花みごろ > 花みごろ過去一覧

花みごろ


花みごろ過去一覧

浜名湖ガーデンパークの開花情報をお届け。
まさに「今が旬!」の花をピックアップしてご紹介します。

ヒャクニチソウ

9月2日撮影

開花期間が長いため、百日草の名前がつきました。花の色や形も多彩で、多数の園芸品種が作られ、広く栽培されています。

【場所】
花の美術館(花の庭)

スネイルフラワー

9月2日撮影

花やつぼみの形が、カタツムリ(スネイル)に似ていることから、この名前がつきました。南米原産のマメ科の蔓植物で、初夏から秋まで花を咲かせます。

【場所】
花の美術館(花の庭)

ユーパトリウム

9月2日撮影

フジバカマと同属で、青色フジバカマの別名もあります。花はアゲラタムに似ていますが、ユーパトリウムは宿根草で、アゲラタムは一年草です。

【場所】
花の美術館(花の庭) 百華園(東入口)

ハマアザミ(別名ハマゴボウ)

9月2日撮影

海岸近くに生育するアザミの仲間で、鋭いトゲを持ち、光沢のある肉厚な葉が特徴です。ゴボウに似た根は食用となり、浜ゴボウの別名があります。

【場所】
浜辺の観察園

ケイトウ

9月2日撮影

花の形が、鶏のトサカに似ていることが鶏頭という名前の由来です。花の形によって、トサカケイトウ(扁平な形)、ヤリゲイトウ(槍状)、フサゲイトウ(羽毛状)の3 種類に大きくわけられます。

【場所】
ふれあい花壇

ブルグマンシア(別名:エンジェルトランペット)

9月2日撮影

春から秋にかけて、下向きに垂れ下がったラッパの形をした花をつけます。根・茎・葉・花・実など全てに毒をもっているので、注意が必要です。

【場所】
国際庭園(タイ)

コムラサキ(実)

9月2日撮影

初夏に薄紫色の花を咲かせ、秋になると枝に紫色の果実をつけます。白い実をつけるシロシキブという品種も花の美術館水の庭にあります。

【場所】
北主園路(里の家近く)
百華園(里の家)

ワタ(実)

9月2日撮影

花後にできるコットンボール(綿毛)は、繊維として、衣服やフトンなどに使用されるため、工芸作物として古くから栽培されてきました。

【場所】
学習花壇(ふれあい花壇南)

次の週を見る 前の週を見る
花みごろ過去一覧
  • 園内の植物紹介
  • 花みごろ
  • 花みごろ
  • 今、見頃の花をもっと見る

●開園時間/8時30分〜17時
 ※夏期(7月・8月)〜18時

●休園日/年末年始
(12月29日〜1月3日)

●お問い合わせ/
 電話:053-488-1500
 FAX:053-488-0009

●所在地/
〒431-1207
静岡県浜松市西区村櫛町5475-1

入園無料・駐車場無料

(C) HAMANAKO GARDEN PARK All Rights Reserved.