HOME > 開花情報 > 花みごろ > 花みごろ過去一覧

花みごろ


花みごろ過去一覧

浜名湖ガーデンパークの開花情報をお届け。
まさに「今が旬!」の花をピックアップしてご紹介します。

ショウキズイセン

9月23日撮影

ヒガンバナ科リコリス属で、ヒガンバナによく似た黄色い花を咲かせます。日本では、九州や四国、南西諸島などの温暖な地域に自生しています。

【場所】
花の美術館(花の庭)

ナツユキカズラ

9月23日撮影

南中国西部、チベット原産のツル性落葉低木で、夏から秋にかけて、白い花を咲かせます。満開時は、まるで雪が積もっているかのように一面真っ白になります。

【場所】
花の美術館(花の庭)

オオベニタデ

9月23日撮影

中国・東南アジア原産の1 年草です。日本には江戸時代に持ち込まれ、帰化植物として野生化しています。赤紫色をした花穂を垂れ下がるようにつけます。

【場所】
花の美術館(花の庭)

アマランサス

9月23日撮影

ヒユ科の植物で、南米では古くから穀物として栽培されてきました。近年では、栄養価の高さから、日本でも健康食品として注目されています。

【場所】
花の美術館(花の庭)

スイフヨウ

9月23日撮影

朝、白い花を咲かせますが、時間の経過とともにまるで酒に酔ったかのように、徐々にピンク色に変わり、夕方には紅色に変化するのが特徴です。

【場所】
竹橋

チェリーセージ

9月23日撮影

メキシコ原産の多年草で、観賞用のセージとして、よく利用されています。また枝葉には甘い芳香があり、ポプリやハーブティーの香り付けなどに利用されます。

【場所】
体験学習館前(円形花壇)
百華園(千草の園)

ダンギク

9月23日撮影

九州地方に自生するクマツヅラ科の宿根草で、青紫色の花が集まって花穂をつくり、それが段状になっていることから、この名前がつきました。

【場所】
体験学習館横

クズ

9月23日撮影

秋の七草の一つです。根から採れるデンプンはくず粉として、古くから利用されています。一方で、繁殖力旺盛で、他の植物に巻きつき、生長を阻害するため、有害植物として問題となることもあります。

【場所】
浜辺の観察園

次の週を見る 前の週を見る
花みごろ過去一覧
  • 園内の植物紹介
  • 花みごろ
  • 花みごろ
  • 今、見頃の花をもっと見る

●開園時間/8時30分〜17時
 ※夏期(7月・8月)〜18時

●休園日/年末年始
(12月29日〜1月3日)

●お問い合わせ/
 電話:053-488-1500
 FAX:053-488-0009

●所在地/
〒431-1207
静岡県浜松市西区村櫛町5475-1

入園無料・駐車場無料

(C) HAMANAKO GARDEN PARK All Rights Reserved.