HOME > 開花情報 > 花みごろ > 花みごろ過去一覧

花みごろ


花みごろ過去一覧

浜名湖ガーデンパークの開花情報をお届け。
まさに「今が旬!」の花をピックアップしてご紹介します。

クリスマスローズ

1月4日撮影

クリスマスの時期から咲いている種類は、「ニゲル」という品種で、2月~3月に咲くのは「オリエンタリス」という品種です。

【場所】
百華園(クリスマスローズの小路)

房咲きスイセン(別名:タゼッタスイセン)

1月4日撮影

地中海原産の多年草で、1本の茎に花が複数咲きます。ニホンズイセンも、房咲きスイセンの一種です。別名の“ タゼッタ”は小さなコーヒーカップという意味です。

【場所】
百華園(里の広場)

キダチアロエ

1月4日撮影

“ 医者いらず”の別名をもち、古くから、万能薬として利用されてきました。12月~3月にかけて、花を咲かせます。

【場所】
百華園(花帯の庭・里の広場)

ニオイグラジオラス・アシダンテラ

1月4日撮影

エチオピア原産のアヤメ科の植物で、ほのかに甘い香りがします。本来は、秋に咲く花なので、狂い咲きのようです。

【場所】
北主園路

ツバキ・侘助(わびすけ)

1月4日撮影

中国原産のウラクツバキから生まれたもので、葯が退化し、花粉を作りません。一般的な椿に比べ、早咲きで、花は小ぶりです。茶花として、親しまれています。

【場所】
北主園路

リナリア・フラメンコ

1月4日撮影

赤紫と黄色の鮮やかなコントラストが特徴のリナリアです。花持ちがよく、寄せ植えやハンギングバスケットなどにもよく使われます。

【場所】
花の美術館(入り口)

カンタブリクス

1月4日撮影

スイセンの原種のひとつで、スペイン・北アフリカが原産です。ラッパ状の花と針状の葉が特徴です。

【場所】
花の美術館(水の庭)

ハボタン

1月4日撮影

アブラナ科の多年草で葉を鑑賞します。葉の形が、ボタンの花に似ていることが名前の由来です。白色の他、紫、赤、桃色など、多様な色があります。

【場所】
ふれあい花壇

セイヨウヒイラギナンテン(別名:マホニア・チャリティー)

12月17日撮影

セイヨウヒイラギナンテンは、ヒイラギナンテンに比べ、花付きや香りが良く、花が咲く時期も春ではなく、冬に咲くのが特徴です。

【場所】
花の美術館(水の庭)

スノードロップ

12月17日撮影

冬~新春にかけて、雪のように白く可憐な花を咲かせます。日中は花を広げ、夜になると、花を閉じます。花を閉じた姿はまるで、雫(しずく)のようです。

【場所】
百華園(クリスマスローズの小路)

次の週を見る 前の週を見る
花みごろ過去一覧
  • 園内の植物紹介
  • 花みごろ
  • 花みごろ
  • 今、見頃の花をもっと見る

●開園時間/8時30分〜17時
 ※夏期(7月・8月)〜18時

●休園日/年末年始
(12月29日〜1月3日)

●お問い合わせ/
 電話:053-488-1500
 FAX:053-488-0009

●所在地/
〒431-1207
静岡県浜松市西区村櫛町5475-1

入園無料・駐車場無料

(C) HAMANAKO GARDEN PARK All Rights Reserved.