HOME > 開花情報 > 花みごろ > 花みごろ過去一覧

花みごろ


花みごろ過去一覧

浜名湖ガーデンパークの開花情報をお届け。
まさに「今が旬!」の花をピックアップしてご紹介します。

ベニバスモモ

3月25日撮影

スモモとミロバランスモモの交雑種です。桜の開花時期が重なり一見桜と見間違えますが、スモモの花です。葉は紫紅色です。

【場所】
百華園(果の庭)
花の美術館(花の庭・水の庭)
中央芝生広場

ヨウコウザクラ(陽光桜)

3月25日撮影

アマギヨシノザクラとカンヒザクラの交雑種です。大輪で紅紫色の花をつけ、やや下向きに咲きます。

【場所】
百華園(槿の庭)

エドヒガン・紅枝垂桜(三春滝桜の子桜)

3月25日撮影

日本三大桜の一つである福島県三春町の滝桜の苗木を譲り受けて、昨年植樹された子桜です。

【場所】
花の美術館(水の庭)

シデコブシ

3月25日撮影

岐阜・三重・愛知県のごく限られた地域の低地・低湿地に自生する落葉小高木です。野生での自生種は絶滅危惧種に指定されています。

【場所】
花の美術館(水の庭)

スイセン・プリンセスキコ

3月25日撮影

秋篠宮紀子様が浜名湖花博にご臨席されたのがきっかけで、オランダ球根生産者協会が新品種にこの名前をつけました。

【場所】
百華園(水脈の径)
花の美術館(花の庭)

ウンナンオウバイ

3月25日撮影

常緑の半ツル性低木です。明治時代に中国から渡来しました。オウバイに比べ、花が大きく、枝が枝垂れます。

【場所】
国際庭園(中国)

ハナニラ

3月25日撮影

中央・南アメリカ原産のユリ科の植物です。葉はニラに似ており、葉や茎を切ると、ニラやネギのような、刺激臭があります。

【場所】
百華園(珠の園)
花の美術館(水の庭)

ユキヤナギ

3月25日撮影

日本原産の落葉低木です。細く伸びて、枝垂れた枝に、びっしりと雪のように真っ白な花を咲かせます。

【場所】
水遊び広場
体験学習館前

ジンチョウゲ

3月25日撮影

中国南部原産の常緑低木です。漢字で沈丁花と書き、花は香木の沈香のような良い香りを持ち、丁字(釘)のような形ををしている事に由来します。

【場所】
ユニバーサルガーデン

シュゼンジザクラ

3月19日撮影

カンヒザクラとオオシマザクラの雑種と推定される桜です。静岡県伊豆の修善寺に原木があります。

【場所】
百華園(槿の庭)

オカメザクラ

3月19日撮影

カンヒザクラとマメザクラの交配によって作られた園芸品種です。濃い紅色の一重咲きで、花が下を向いているのが特徴です。

【場所】
百華園(槿の庭)

カンヒザクラ

3月19日撮影

桜の原種の一つで、濃いピンク色の花を咲かせます。台湾など、温暖な地方が原産で、沖縄で桜といえば、この花を指し、1 月下旬に開花します。

【場所】
百華園(草花の園)

アネモネ

3月19日撮影

地中海が原産の多年草です。アネモネという名前は、風を意味する“ アネモス”に由来し、風通しのよい場所を好みます。

【場所】
百華園(槿の庭 東側)

ネコヤナギ

3月19日撮影

日本の水辺に自生する落葉低木です。特徴ある、銀白色の花穂は、猫の尻尾にも見えることから、名前の由来にもなりました。

【場所】
百華園(千草の園)
花の美術館(水の庭)

キバナセツブンソウ

3月19日撮影

日本に自生している節分草は白色の花を咲かせますが、この黄花の節分草はヨーロッパが原産です。花弁に見える部分は萼が発達したものです。

【場所】
国際庭園(イタリアとオーストリアの間)

ヒヤシンス

3月19日撮影

地中海原産の球根性多年草です。甘い香りがあり、花色も豊富です。日本へは江戸時代に渡来しました。

【場所】
花の美術館(花の庭)

バイモ

3月19日撮影

中国原産の球根植物です。「貝母」と書き、球根が二枚貝に似ていることに由来します。また、花弁が網目模様のため、アミガサユリの別名もあります。

【場所】
花の美術館(花の庭)

ギンヨウアカシア

3月11日撮影

銀色の葉の間から、丸くて黄色い花を枝いっぱいに咲かせます。ミモザとも呼ばれています。オーストラリア原産で、国花にもなっています。

【場所】
国際庭園(イタリア)
百華園(枝の庭)
えのき橋

スイセン

3月11日撮影

地中海~北アフリカが原産で、日本へは古い時代に中国から渡来したといわれています。1万種以上の園芸品種があり、毎年多数の新品種が作られています。

【場所】
花の美術館(花の庭)
北主園路

スノーフレーク

3月11日撮影

中央・南ヨーロッパ原産の多年草です。花はスズラン、葉はスイセンに似ている為、スズランスイセンの和名もあります。

【場所】
百華園(クリスマスローズの小路)

サンシュユ

3月11日撮影

中国・朝鮮半島原産の落葉小高木です。日本へは江戸時代に渡来したと言われています。実の果肉部分は解熱剤などの生薬に使われます。

【場所】
百華園(水脈の径)

ナノハナ

3月11日撮影

アブラナ科の花の総称として「菜の花」と呼ばれる事が多く、園内に植えられているのは、鑑賞用の菜の花です。春を代表する花の一つです。

【場所】
国際庭園(イタリア北側)
見晴しの丘

ヒイラギナンテン

3月11日撮影

中国原産の常緑低木です。ナンテンと同じメギ科の植物で、葉がヒイラギに似ていることから、この名前がつきました。

【場所】
花の美術館(水の庭)
百華園(常盤の庭)

ウグイスカグラ

3月11日撮影

北海道~九州にかけて分布する落葉低木です。ウグイスの鳴く頃に花を咲かせます。ツル性ではないので、ウグイス“ カズラ”は間違いです。

【場所】
花の美術館(水の庭)

ウメ

3月3日撮影

古くから観賞用、食用として多くの品種が作られてきました。花木園では27 種の梅が植えられており、様々な色や形をした梅の花を楽しめます。

【場所】
花木園

西洋ツバキ

3月3日撮影

19 世紀に日本から西洋に渡ったツバキが、品種改良されたものです。日本のツバキに比べ、花が大きく豪華で華麗なものが多いのが特徴です。

【場所】
花木園

アセビ

3月3日撮影

日本に自生するツツジ科の低木です。有毒で、漢字で書くと「馬酔木」と書くように、馬が食べると苦しむことに由来しています。

【場所】
花の美術館(水の庭)

ミツマタ

3月3日撮影

枝が必ず三つに分かれることから、この名前がつきました。古くから、和紙の原料としても利用されてきました。 

【場所】
北主園路(花の美術館近く)

ハーデンベルギア

3月3日撮影

オーストラリア原産のツル性の植物で、蝶々のような形をした小さな花を穂状に咲かせます。和名で「コマチフジ」とも呼ばれています。 

【場所】
百華園(珠の園)

ジュラシックツリー

3月3日撮影

1994 年にオーストラリアで発見された、現存する世界最古の種子直物です。現在、雄花と雌花を観察することができます。 

【場所】
百華園(水面の庭)

クリスマスローズ

2月13日撮影

ヨーロッパ~西アジア原産の多年草です。園内ではオリエンタリスという品種を改良してつくられたハイブリット種が咲き始めました。

【場所】
百華園(クリスマスローズの小路)

ヒメリュウキンカ

2月13日撮影

ヨーロッパからシベリアが原産の多年草で、光沢のある花弁が特徴です。リュウキンカに良く似ていますが、萼の有無で見分けることができます。

【場所】
百華園(珠の園)

ヤブツバキ

2月13日撮影

日本原産の常緑樹です。葉は厚く光沢があり、照葉樹林の代表種の一つです。種子から採れる椿油は食用、灯火用、髪用油などに利用されています。

【場所】
サイクリングロード

ネメシア・ケイランサス

1月19日撮影

南アフリカ原産の1 年草です。本種はネメシアの中でも、変わった形をした花が特徴で、写真はシューティングスターという園芸品種です。

【場所】
花の美術館(花の庭)

ジャノメエリカ

1月19日撮影

アフリカ原産の常緑低木で、多数の園芸品種があり、つぼ型をしたピンク色の花が、枝にびっしりとつきます。

【場所】
百華園(枝の庭)

オキザリス・プルプレア

11月3日撮影

南アフリカ原産の宿根草です。秋から春にかけて花を咲かせます。日が差すと花を開き曇り空や夕方になると花を閉じます。

【場所】
百華園(槿の庭)

前の週を見る 次の週を見る
花みごろ過去一覧
  • 園内の植物紹介
  • 花みごろ
  • 花みごろ
  • 今、見頃の花をもっと見る

●開園時間/8時30分〜17時
 ※夏期(7月・8月)〜18時

●休園日/年末年始
(12月29日〜1月3日)

●お問い合わせ/
 電話:053-488-1500
 FAX:053-488-0009

●所在地/
〒431-1207
静岡県浜松市西区村櫛町5475-1

入園無料・駐車場無料

(C) HAMANAKO GARDEN PARK All Rights Reserved.