HOME > 開花情報 > 花みごろ 

花みごろ


花みごろ過去一覧

浜名湖ガーデンパークの開花情報をお届け。
まさに「今が旬!」の花をピックアップしてご紹介します。

クレマチス

5月11日撮影

ツル性の多年草で、原種が300 種以上あるといわれています。花に見える部分はがくが発達したものです。

【場所】
花の美術館(花の庭)
百華園(蔓の園)
国際庭園(ドイツ・オーストリア)

シャクヤク

5月11日撮影

中国原産で、古くから観賞用・薬用として栽培されてきました。ボタンの花にそっくりですが、ボタンは樹木であるのに対し、シャクヤクは草です。

【場所】
花の美術館前
百華園(水脈の径・里の家東側)
花木園前竹林

ジャーマンアイリス

5月11日撮影

ドイツアヤメをもとに品種改良によりつくられた品種です。乾燥した土地を好み、花色が多彩で、花弁の付け根に毛が密生しているのが特徴です。

【場所】
花の美術館(花の庭)
サイクリングロード(東側)

ジギタリス

5月11日撮影

ヨーロッパ原産の多年草で、釣鐘状の花をたくさんつけます。また、葉は強心剤としても利用されています。

【場所】
花の美術館(花の庭)

アリウム・ギガンチューム

5月11日撮影

中央アジア原産で、ネギの仲間です。たくさんの小さな花がボール状に集まって咲き、巨大葱坊主になります。

【場所】
花の美術館(花の庭)

ムラサキセンダイハギ

5月11日撮影

北アメリカ原産の多年草で、寒さ・暑さに強いのが特徴です。日本の萩は秋に花を咲かせますが、この花は初夏に紫色の花を咲かせます。

【場所】
ほほえみの森

ゴールデンボーダー

5月11日撮影

房咲き状に丸みをおびた花を咲かせます。背丈が低く、トゲも少ないため、育てやすい品種です。咲き始めは濃い黄色で、徐々に白っぽくなります。

【場所】
かえで橋(国際庭園側)

バーベナ

5月11日撮影

主にアメリカ大陸が原産で、約250 種あると言われる、多年草・一年草です。サクラソウのようなかわいらしい花が固まって咲きます。

【場所】
百華園(草花の園)
花の美術館前

ツルアジサイ

5月11日撮影

ツル性のアジサイで、幹や枝から気根を出して、木や岩に絡み付いて伸びていきます。花には甘い芳香があります。

【場所】
百華園(千草の園 東屋)

チャイブ

5月11日撮影

ヨーロッパ原産のネギの仲間で、ハーブとして利用されます。アサツキに似ている為、西洋アサツキの別名もあります。

【場所】
百華園(里の広場)

ヒルザキツキミソウ

5月11日撮影

北アメリカ原産の多年草です。夜に花を咲かせるマツヨイグサ(ツキミソウ)の仲間で、昼に花を咲かせる為、この名前が付きました。

【場所】
百華園(常盤の庭)
見晴しの丘

カラタネオガタマ

5月4日撮影

中国原産の常緑小高木です。「バナナツリー」の別名があるように、バナナのような甘い香りを漂わせる花を咲かせます。

【場所】
花の美術館(キッチンガーデン)

キショウブ

5月4日撮影

西アジア・ヨーロッパ原産の多年草です。日本でも帰化植物として、池や沼地で野生化しているものもみられます。

【場所】
百華園(里の広場・珠の園・水面の庭)
花の美術館(水の庭)

キンポウゲ

5月4日撮影

日当たりの良い野山に自生する多年草です花は光沢がありキラキラと光ります。アネモニンという毒が含まれるているため、注意が必要です。

【場所】
百華園(常盤の庭)

ベニバナトチノキ

5月4日撮影

セイヨウトチノキとアカバナアメリカトチノキの交配種です。葉や樹高はトチノキに比べると、小さいです

【場所】
国際庭園(ドイツ前)
ほほえみの森

ホオベニエニシダ

5月4日撮影

エニシダの園芸品種で、翼弁に赤い斑紋が入るのが特徴です。写真はクリムソン・キングという品種です。

【場所】
国際庭園(イタリア)
ほほえみの森

オオベニウツギ・オーレオバリエガタ

5月4日撮影

オオベニウツギの園芸品種で、葉に黄白色の覆輪の斑が入ります。

【場所】
百華園(羊歯の径)
体験学習館前

ハゴロモジャスミン

5月4日撮影

蕾は濃いピンク色をしていますが、花は純白で強い香りがあり、少し離れたところからでも、甘い香りが漂ってきます。

【場所】
百華園(珠の園)

テマリカンボク

5月4日撮影

朝鮮半島原産で、日本へは江戸時代に渡来しました。オオデマリに良く似た花を咲かせますが、葉が3~5裂にさけているので区別できます。

【場所】
国際庭園(イギリス)
百華園(枝の庭・里の家東側)

シラン

4月27日撮影

日本・台湾が原産地の野生のランです。紫色の花を咲かせることから、「紫蘭(しらん)」の名前がつきました。

【場所】
花の美術館(水の庭)
百華園(常盤の庭・草花の園・水面の庭)

ダッチアイリス

4月27日撮影

球根性のアヤメの仲間で、スパニッシュアイリスを改良して、オランダで作られました。

【場所】
花の美術館(花の庭)

ボリジ

4月9日撮影

地中海・北アフリカ原産の1 年草です。花や若葉は食用としれも利用されます。別名:ルリチシャ

【場所】
国際庭園(ドイツ)

シャクナゲ

4月1日撮影

ツツジ科の常緑低木で、渓流のそばなど、湿度が高い場所を好みます。「花の女王」とも呼ばれ多数の園芸品種が作られています。

【場所】
花の美術館
百華園(珠の園)
ほほえみの森

ジュラシックツリー

3月3日撮影

1994 年にオーストラリアで発見された、現存する世界最古の種子直物です。現在、雄花と雌花を観察することができます。 

【場所】
百華園(水面の庭)

前の週を見る 次の週を見る
花みごろ過去一覧
  • 園内の植物紹介
  • 花みごろ
  • 花みごろ
  • 今、見頃の花をもっと見る

●開園時間/8時30分〜17時
 ※夏期(7月・8月)〜18時

●休園日/年末年始
(12月29日〜1月3日)

●お問い合わせ/
 電話:053-488-1500
 FAX:053-488-0009

●所在地/
〒431-1207
静岡県浜松市西区村櫛町5475-1

入園無料・駐車場無料

(C) HAMANAKO GARDEN PARK All Rights Reserved.