HOME > 開花情報 > 花みごろ 

花みごろ


花みごろ過去一覧

浜名湖ガーデンパークの開花情報をお届け。
まさに「今が旬!」の花をピックアップしてご紹介します。

サザンカ

12月15日撮影

常緑高木で、野生種は白っぽい色で、ピンクのものはツバキと交配して作られました。椿は花全部が一度に落ちるのに対し、サザンカは一枚ずつ散ります。 

【場所】
北主園路
花木園

スノードロップ

12月15日撮影

冬~早春にかけて雪のように白く可憐な花を咲かせます。日中は花を広げ、夜になると閉じます。閉じた姿はまるで雫(しずく)のようです。 

【場所】
百華園(クリスマスローズの小路)
花の美術館(花の庭)

ツバキ“侘助(わびすけ)”

12月15日撮影

中国原産のウラクツバキから生まれたもので、葯(やく)が退化し、花粉をつくりません。早咲きで、花はやや小ぶりです。 

【場所】
北主園路

チャノキ

12月15日撮影

中国原産の常緑樹で、この若芽がお茶として利用されます。花は白色で、秋から冬にかけて、やや下向きに咲きます。 

【場所】
百華園(果の庭)

ヤツデ

12月15日撮影

日本原産の常緑低木です。漢字では「八手」と書きますが、実際の葉は5・7・9 と奇数に裂けます。 

【場所】
百華園(草花の園・槿の庭)

ネリネ

12月15日撮影

アフリカ原産で、ヒガンバナによく似ていますが、属がリコリス属とネリネ属と異なり、花が咲くときに、ネリネは葉も一緒に出るという違いがあります。 

【場所】
花の美術館(水の庭)

タイワンフウ

12月15日撮影

台湾~中国南部が原産の落葉高木で、江戸時代中期に渡来しました。葉は3 裂にわかれます。漢字で「楓」と書きますが、カエデとは別種です。 

【場所】
花の美術館(水の庭)

マンリョウ

12月15日撮影

関東以西に分布する常緑低木です。この万両は千両とともに正月の縁起物として扱われ、万両は下向きに実をつけるのに対し、千両は上向きです。 

【場所】
北主園路
百華園(里の家)

ラクウショウ

11月21日撮影

北アメリカ東南部~メキシコ原産のスギ科の落葉高木です。湿潤地では「膝根」とよばれる気根が地上部にあらわれます。 

【場所】
東西水路(えのき橋付近)

イロハモミジ

11月21日撮影

日本で赤く紅葉する樹木の代表的な種で、公園や神社・仏閣などによく植えられています裂けた葉の数がイロハニホヘトと数え、ちょうど7 になることが名前の由来と言われています。 

【場所】
百華園(羊歯の径~常盤の庭)

ツワブキ“白兎”

11月21日撮影

ツワブキの園芸品種で、咲き始めの色はレモンイエローをしていますが、徐々にクリーム色に変化していきます。 

【場所】
花の美術館(水の庭)

キノボリギク

11月21日撮影

紀伊半島~四国(徳島・高知)に自生するツル性の菊です。冬場に花を咲かせるため、「雪見菊」の別名もあります。 

【場所】
花の美術館(水の庭)

イソギク

11月21日撮影

千葉県~静岡県の海岸に自生する多年草で、磯に咲くため、「磯菊」の名前がつきました。葉は毛で白く縁取られます。 

【場所】
百華園(常盤の庭)
サイクリングロード

皇帝ダリア

11月11日撮影

メキシコ原産の3 ~ 4 メートルの高さにまで生長する巨大ダリアです。樹木のように大きくなることから、木立ダリアともよばれています。

【場所】
百華園(草花の園・千草の園)

ツワブキ

11月11日撮影

日本に自生するキク科の多年草で、日陰でもよく育つため、古くから庭園の下草として利用されてきました。

【場所】
百華園
花の美術館(水の庭)
北主園路
サイクリングロード

オキザリス・プルプレア

11月11日撮影

南アフリカ原産の宿根草です。秋から春にかけて花を咲かせます。日が差すと花を開き、曇り空や夕方になると花を閉じます。

【場所】
百華園(槿の庭)

サルビア・インボルクラータ

11月11日撮影

メキシコ原産の多年草です。頭頂部のつぼみのようなものは苞葉(ほうよう)と呼ばれ、その下に花があり、一枚ずつめくれるたびに花が咲きます。

【場所】
百華園(千草の園)

ヒイラギ

11月11日撮影

関東以西に自生する常緑高木です。葉にトゲがあり、古語で「ヒリヒリする」という意味の「ひいらぐ」が名前の由来です。花は甘い香りがします。

【場所】
百華園(果の庭)

皇帝ヒマワリ

10月31日撮影

メキシコ原産の多年草で、4~6メートルの高さにまで生長する巨大ヒマワリです。「ガリバーヒマワリ」の別名もあります。

【場所】
えのき橋

ユリオプスデージー

10月31日撮影

南アフリカ原産の常緑低木(常緑多年草)で、秋~初夏にかけて長い期間花を咲かせます。

【場所】
百華園(蔓の園)

パンパスグラス

8月18日撮影

南米のパンパと呼ばれる平原地帯が原産の巨大なススキのような形をしたイネ科の植物です。3メートル以上にまで生長します。

【場所】
百華園(色葉の庭)
国際庭園(竹橋近く)

ジュラシックツリー

3月3日撮影

1994 年にオーストラリアで発見された、現存する世界最古の種子直物です。現在、雄花と雌花を観察することができます。 

【場所】
百華園(水面の庭)

前の週を見る 次の週を見る
花みごろ過去一覧
  • 園内の植物紹介
  • 花みごろ
  • 花みごろ
  • 今、見頃の花をもっと見る

●開園時間/8時30分〜17時
 ※夏期(7月・8月)〜18時

●休園日/年末年始
(12月29日〜1月3日)

●お問い合わせ/
 電話:053-488-1500
 FAX:053-488-0009

●所在地/
〒431-1207
静岡県浜松市西区村櫛町5475-1

入園無料・駐車場無料

(C) HAMANAKO GARDEN PARK All Rights Reserved.